カテゴリ:妊娠( 2 )

二人目出産記

出産記を書き終えて、更新し忘れていましたね・・・。久々にブログをあけて気づいたので、そのままアップしちゃいます~。


二人目ちゃんが産まれて、はや1ヶ月が過ぎました。体重も産まれたときより1キロも増え、ふっくら赤ちゃんらしい体系に。その間にお姉ちゃん(娘ちゃん)が2回も風邪を引いたけれど、移らなくてよかった〜。042.gif

そうそう、二人目ちゃん、男の子でした〜。ずっと女の子だと思っていたので、性別診断で男の子と言われてもなかなか実感がわかなかったんですが・・・産まれてしまえば、男の子でも女の子でも関係なく、とにかく可愛いですね。癒されちゃってます。ふふふ。012.gif

さてさて、忘れちゃわないうちに、二人目ちゃんの出産記を書いておきます。

娘ちゃんもそうでしたが、二人目ちゃんも35週で実家に帰省。36週に入ってから「子宮口が柔らかくなってきている、子宮口が開いてきている」と言われていました。娘ちゃんが5時間弱で出産だったので、二人目はもっと早くなるだろうと先生からも言われていたんですが、なにせ娘ちゃんは出産も早いだろうと言われていたのに、予定日8日遅れでの出産。なので今回もゆっくりかなぁなんて思っていたのですが・・・

先生は早くなるだろうから、週一回の検診ではなく週二回見せにきてくださいとおっしゃっていて。その何回目かの検診を受けて、次の日の午後、おしるしらしきものがありました。

それでも、まだまだかなぁなんてのんびり気分でいたんですが・・・

次の日の未明、なんとなくお腹が痛み目が覚め・・・時計をみると3時過ぎ。そして、また痛みが・・・これは陣痛かも!と計ると全然痛みが来ず、再び寝入る。

そして、また痛みが来て目が覚めると5時。これからは7分くらいの感覚で痛みが来ていました。これは陣痛だと思い、出かけられる準備をしながら6時に起きてきた両親に知らせる。病院にも電話してみると7時頃に病院にきてください、とのこと。この頃はまだ痛くても、動けるし、大丈夫だったんですが・・・

6時半ごろから、痛みがまして、痛いときはうずくまってないと辛くなってきました。朝食も食べるつもりだったけれど食べれずお茶のみ。陣痛は5分間隔くらい。夢の中にいる娘ちゃんを引っ張り起こし(寝ていたので、不機嫌な娘ちゃん・・・母親が抱っこしてくれて、なんとか出発)、父親の車で病院へ。

7時頃病院について、すぐ内診してもらうと「ほぼ全開大だよ!間に合ってよかったねぇ!!」と言われ、すぐさま車いすで分娩室に移動しました。この頃多分3分置きくらいの間隔だったかな。でも痛いけれど、まだ痛みと痛みの間には普通に会話もできるし、動けるくらいでした。

その後段々痛みが増してきて・・・そうだー!こういう痛みだった!!008.gif 二人目だから、赤ちゃんが自分で出て来れるからあんまりいきんじゃダメだよ〜と言われたのが辛かったけれど、助産師さんが上手にリードしてくれて、8時すぎに二人目ちゃんが産まれてきてくれました。ということで、陣痛から3時間ちょっとのスピード出産でした。そして面白いことに、娘ちゃんは予定日より8日遅れて、二人目ちゃんは予定日のちょうど8日前に産まれてきました。

ばぁばと絵本で遊んでくれていた娘ちゃんも、赤ちゃんと対面。なんと言うのかな・・・とドキドキしていると「可愛い〜」と言ってくれてホッ!と思ったら「ばぁば!お本のアンパンマンシール貼りたい!」と早々に退室・・・(苦笑) まぁ、こんなものですかね?^^;

娘ちゃんのときは、旦那さんも付き添ってくれていたのですが、今回はやはりそれは無理で。ただ陣痛が早朝に始まったので、旦那さんもその日の夜には病院に駆けつけてくれて親子対面することができました。よかった、よかった。016.gif
[PR]

by mia_korea | 2013-05-10 14:43 | 妊娠

二人目。

娘ちゃんが来年お姉ちゃんになることになりました。

そう、私ことmiaが現在妊娠6ヶ月に入りました。001.gif

夏に日本に帰省したときに妊娠がわかり、今回は前回より早く妊娠6週には悪阻がじわじわ始まりました。
苦手なものは前と似ていて、にんにくやごま油(つまり、韓国料理はアウト!)、そして前回と違ったのが青背の魚の臭い、そして揚げ物全般にコーヒー!!あんなにコーヒー好きだった私が、悪阻期間は一口も口をつけませんでした。。。揚げ物も、娘ちゃんを妊娠した時はポテトフライが食べたーい!というときがあったのに、今回はまったくダメでした。
食べたいものは一緒で、梅干しとグレープフルーツ!!

妊娠4ヶ月入るまで何もなく、娘ちゃんのときもまったくトラブルがなかったのですっかり安心していたら…妊娠14週で突然の出血!切迫流産で、2週間自宅安静と言われてしまいました。。。007.gif
先生曰く、出血が結構な量だったので、もう少し大きい病院だったら入院って言われてるよ、と。ただ、上の子もいるし、ベッドで寝たきりも精神的にも肉体的にもよくないからと自宅安静に。
実家の母に電話したら、ありがたいことに翌日には訪韓してくれ、約3週間子供の世話に、家事に、と助けてくれました。お母さん、ありがとう!お母さんがいなかったら…我が家はどうなっていたでしょう…(旦那さんにもっと、料理を教えておこう!とひしひし感じました…002.gif)

妊娠は1回ずつ違う、と頭では分かっているつもりでしたが、やはりどこかで、前も何もなかったしと安心しすぎていたのかな。上の子がいると、正直毎日ゆっくり座ってる暇がないのも現実で…でもお腹の子が、忘れないでよ!とメッセージを送ってくれたのかもしれません。

前回10月にブログを更新してすぐ、そんなことになってしまい、ご無沙汰していました。お陰様で現在はまた元気に戻り、普通に生活できています。001.gif
[PR]

by mia_korea | 2012-12-05 14:56 | 妊娠